読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

北のSLBM発射で安保理が緊急会合、また声明出せず…中露が反対

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ニューヨーク=寺口亮一、ソウル=溝田拓士】国連の安全保障理事会は20日、北朝鮮が19日に潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)を発射したことを受け、非公開の緊急会合を開いた。米欧諸国は「安保理決議違反だ」と非難したが、安保理としての声明は出せなかった。

 安保理筋などによると、英国が声明発出を求めたのに対し、中国とロシアが「声明を出す時ではない」と反対したという。

 北朝鮮は9月以降、弾道ミサイルなどの発射を繰り返している。安保理は9月15日、10月1日にも緊急会合を開いて対応を協議したが、中露が慎重な姿勢を崩さず、議長声明などの意思表示に至っていない。

 米国のリンダ・トーマスグリーンフィールド国連大使は会合前、記者団の取材に応じ、一連のミサイル発射を「無謀な挑発行為」と批判し、核・ミサイル開発につながる資金や技術が北朝鮮に渡らないよう加盟国に求めた。

 安保理理事国のうち欧州連合(EU)加盟のフランス、アイルランド、エストニアの3国は会合前、「挑発行為を断固非難する」との共同声明を発表した。

 北朝鮮国営の朝鮮中央通信によると、北朝鮮の外務省報道官は20日、安保理緊急会合の開催について、「深刻な結果を招く」と警告した。SLBM発射は「正当な自衛権の行使」だと主張し、米国も同様の武器を保有しながら北朝鮮を批判するのは「二重基準」だと反論した。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2459727 0 国際 2021/10/21 13:05:00 2021/10/21 13:05:00 2021/10/21 13:05:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)