読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

ロシア全土で30日から9日間「非労働日」に…感染拡大防止へ大統領令

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【モスクワ=田村雄】ロシアのプーチン大統領は20日、新型コロナウイルスの感染拡大を食い止めるため、ロシア全土で10月30日から11月7日までの9日間を「非労働日」とし、企業に臨時休業を求める大統領令に署名した。

プーチン露大統領
プーチン露大統領

 薬局や食料品店などを除いて休業を促し、社会経済活動を抑制する。子供の感染も増加しているとされ、学校も休校にする。同様の措置の導入は今年5月以来となる。

 プーチン氏は20日、署名に先立ち政府高官とオンライン会合を開き、感染対策を協議した。国内で新型コロナのワクチン接種を完了したのは総人口の約32%にとどまっており、「なぜ重い病に伏すことを選ぶのか」と改めて接種を呼びかけた。

 露政府の21日の発表によると、1日当たりの新規感染者数は3万6339人と8日間連続で3万人を超え、1日当たりの死者数も1036人と過去最多を更新した。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2461548 0 国際 2021/10/21 23:50:00 2021/10/21 23:50:00 2021/10/21 23:50:00 ロシアのウラジミール・プーチン大統領。2019年6月29日撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/10/20211021-OYT1I50095-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)