ファイザー製ワクチン、5~11歳への有効性90%超…発症した場合も重症化せず

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ワシントン=船越翔】米食品医薬品局(FDA)は22日、米製薬大手ファイザーが5~11歳の子供を対象に行った新型コロナウイルスワクチンの臨床試験の結果を公表した。発症を防ぐ有効性は90・7%に上り、発症した場合でも重症化しなかったという。FDAの諮問委員会は26日に会合を開き、ワクチンの子供への効果や安全性を議論する。

ファイザー製の新型コロナウイルスワクチン
ファイザー製の新型コロナウイルスワクチン

 FDAによると、臨床試験では5~11歳の約2000人を二つのグループに分け、12歳以上向けの3分の1の量のワクチンと偽薬を投与して効果を検証した。米政府は子供の接種拡大に向け、5~11歳の計約2800万人分のワクチンをすでに確保している。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2465441 0 国際 2021/10/23 17:52:00 2021/10/23 19:35:51 2021/10/23 19:35:51 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/10/20211023-OYT1I50089-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)