読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

世界のCO2平均濃度、過去最大を更新…コロナで排出減も影響なく産業革命前の1・5倍に

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ジュネーブ=森井雄一】世界気象機関(WMO)は25日、2020年の大気中の二酸化炭素(CO2)の世界平均濃度が413・2ppm(ppmは100万分の1)と、過去最大を更新したと発表した。新型コロナウイルスの流行で世界経済が停滞し、排出量は一時的に減少したものの、濃度の上昇傾向に目立った影響はなかったと結論づけた。

 主要な温室効果ガスであるCO2の増加率は過去10年の平均を超え、19年から2・5ppm上昇した。産業革命前の約1・5倍の水準という。

 WMOのペッテリ・ターラス事務局長は、「現在のペースが続くと、産業革命前から1・5~2度以内という目標をはるかに超える気温上昇が起こるだろう」と指摘した。月末に開幕する国連気候変動枠組み条約第26回締約国会議(COP26)に向け、「交渉担当者には、厳しく科学的なメッセージだ」と一層の努力を求めた。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2469706 0 国際 2021/10/25 20:12:00 2021/10/25 22:27:50 2021/10/25 22:27:50

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)