読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

結納金に家・車も用意しても…「男余り」の中国農村、結婚難が深刻

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 中国の農村部で、男性の結婚難が深刻化している。人口抑制のため40年近く続いた一人っ子政策の副作用もあり、男性が女性より3500万人も多いという人口の不均衡が生じているためだ。農村の男性と結婚を望まない女性も多く、政府も打つ手がない。「男性余り」の解消は全く見通せない。(河南省泌陽県 南部さやか、写真も)

男女比10対1、多額結納金も壁

女性は都市部へ

河南省泌陽県の民家に開設された「赤い糸結婚紹介サービスセンター」(17日)
河南省泌陽県の民家に開設された「赤い糸結婚紹介サービスセンター」(17日)

 10月中旬、泌陽県の農村。平屋建ての民家に「赤い糸結婚紹介サービスセンター」と記した真新しい看板がかかっている。村の結婚難を解消しようと、住民の陳昌欽さん(60)が8月に自宅に開設した。中国メディアによると、泌陽県は結婚適齢期の男女の在住人口比が10対1。「男性余り」が深刻な地域の一つだ。

 陳さんによれば、登録しているのは30~60歳代の数十人で、8割以上が男性という。若い女性の大半は都市部に働きに出ているため、女性の帰省時にお見合いを設定している。それでも「農村での結婚を望まない女性が大半。成婚率は低い」と陳さんは嘆いていた。

 女性が農村から去ってしまう事情だけでなく、そもそも人数的に男性が余っている。国家統計局によると、中国では2020年、男性が女性より3490万人多く、人口性比(女性100人に対する男性の数)は105・07だった。結婚適齢期の20~40歳に限れば、男性が1752万人多く、比率は108・9となる。

 日本の人口性比は19年、総務省によれば、女性の方が多い94・8だった。中国で生じている深刻な「男性余り」は、一人っ子政策の下で相次いだ、後継ぎとして男児を優先した女児の中絶や出生直後の遺棄も一因とされている。

多額の結納金

 農村の習わしとして、男性側に求められる多額の結納も結婚難に拍車をかける。最近では、結納金だけでなく住宅や車も用意するのが一般的だ。山東省や重慶市など少なくとも7省・直轄市の当局が今夏、農村で行った結婚に関する調査で、男性側の金銭負担は最大で200万元(約3560万円)に上ることがわかった。

1

2

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2473010 0 国際 2021/10/27 05:00:00 2021/10/27 12:05:04 2021/10/27 12:05:04 17日、河南省泌陽県の民家で、8月に開設された「赤い糸結婚紹介サービスセンター」=南部さやか撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/10/20211026-OYT1I50196-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)