「ウィズコロナ」移行始めた韓国、新規感染者の減少兆候は見えず…制限緩和が影響か

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ソウル=上杉洋司】韓国政府は1日、新型コロナウイルスの感染拡大で導入した規制を段階的に緩和し、コロナとの共存を目指す「ウィズコロナ」への移行を始めた。経済活動の活発化が予想されることから、感染状況の悪化を懸念する声も出ている。

マスク着用、屋外で会話少なければ必要なし…厚労省助言機関が見解

 ソウルなど首都圏では、午後10時までとしていた飲食店などの店内営業時間の制限が撤廃された。家族や友人の集まりは、人数制限が8人から最大10人に緩和された。「密」の状況ができやすく感染リスクが高いとされるカラオケやナイトクラブなど遊興施設では、ワクチンパスポート(接種証明書)を試験導入し、利用者が非感染者であることを確認する。

韓国の大統領府「青瓦台」
韓国の大統領府「青瓦台」

 韓国は当初、ワクチン接種の遅れが目立ったが、現在は接種率が約75%に達した。しかし、1日あたりの新規感染者が減少に転じる兆候は見えていない。保健当局によると、10月31日に確認された新規感染者は1686人で、前週の同じ曜日を約500人上回った。

 10月中旬以降、私的な集まりの人数制限が緩和されたり、気温の低下で屋内での活動が増えたりしたことが増加の要因と見られている。

新型コロナ・都道府県別感染者数や最新ニュース
スクラップは会員限定です

使い方
「国際」の最新記事一覧
2488268 0 国際 2021/11/01 19:20:00 2021/11/02 07:38:23 2021/11/02 07:38:23 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/11/20211101-OYT1I50155-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)