読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

台湾海峡有事の際に「米軍は介入するだろう」65%…台湾世論調査

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【台北=杉山祐之】台湾の世論調査機関・台湾民意基金会は2日、台湾海峡有事に関して、20歳以上の1075人を対象に先月実施した調査の結果を発表した。「中国が武力侵攻した場合、米軍が台湾防衛を手助けするか」との設問では、「するだろう」が65・0%で、「しないだろう」の28・5%を大きく上回った。

 基金会は、有事の際の米軍介入は「台湾の共通認識になっている」と指摘した。米国の同盟国で、台湾との関係強化を進める日本が軍事面で支援するかについては、58・0%が「するだろう」、35・2%が「しないだろう」と回答した。

 「中国は早晩、台湾を攻撃するか」の問いでは、「そう思う」が28・1%、「そう思わない」が64・3%だった。2019年調査では、「そう思う」16・0%、「思わない」77・4%で、危機感が強まりつつあることがうかがえる。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2490946 0 国際 2021/11/02 23:46:00 2021/11/02 23:46:00 2021/11/02 23:46:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)