「メタン削減」100か国超が参加…COP26、バイデン氏「多くのことを成し遂げた」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【グラスゴー(英北部)=蒔田一彦、山下真範】国連気候変動枠組み条約第26回締約国会議(COP26)に出席した米国のバイデン大統領は、2日間にわたる首脳級会合が終了した2日、グラスゴーで記者会見し「我々は多くのことを成し遂げた」と述べて、成果を強調した。COP26は3日、合意に向けた各国代表による交渉が本格化した。

COP26への出席を終え、大統領専用機に乗り込むバイデン米大統領(2日)=AP
COP26への出席を終え、大統領専用機に乗り込むバイデン米大統領(2日)=AP

 バイデン氏は、温暖化対策の国際的枠組み「パリ協定」への米国の復帰後、初のCOP出席について「国内の気候変動に対する野心を高め、世界各国への支援を表明したことは非常に重要だった」と振り返った。成果として、2030年までに温室効果ガスの一種「メタン」の排出量を20年比で30%削減する米欧主導の取り組みへの参加国が100を超えたことを挙げた。

 ただ、この取り組みに中国は加わらなかった。バイデン氏は中国の 習近平シージンピン 国家主席がCOP26に出席しなかったことについて、「大きな過ち」と批判した。ロシアのプーチン大統領についても気候変動への取り組みが不十分との認識を示した。

 議長国の英国のジョンソン首相も2日に記者会見し、岸田首相が表明した5年間で最大100億ドル(約1兆1400億円)の追加支援を「大きな献身」と評価。COPの成果を「慎重だが楽観的に見ている」と述べた。日本の代表団幹部は「岸田首相の演説で50年の温室効果ガス排出の実質ゼロに向け、着実に前進すると発信できた」と強調した。

 インド外務省の高官は2日の記者会見で、70年までに温室効果ガスの排出量を実質ゼロとする目標に「多くの反響があった。大胆な発表と受け止められたと思う」と自賛した。ただ、50年までと目標を掲げる米欧との認識とはかけ離れている。中国外務省の報道官は3日の記者会見で、米国は温室効果ガスを累積で最も排出している国だとして、「歴史的責任を直視すべきだ」と述べ、米欧などと一線を画す姿勢を示した。

 COP26は、産業革命前と比べた世界の気温上昇幅を1・5度に抑える目標などでの合意を目指す。12日までの会期で各国代表が交渉を続け、9日からは閣僚級で大詰めの協議に入る。

1

2

スクラップは会員限定です

使い方
「国際」の最新記事一覧
2492422 0 国際 2021/11/03 21:48:00 2021/11/03 23:23:04 2021/11/03 23:23:04 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/11/20211103-OYT1I50136-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)