フランス、接種証明の「衛生パス」提示義務を来年7月まで延長…感染再拡大の恐れから

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【パリ=山田真也】フランス国民議会(下院)は5日、飲食店などで新型コロナウイルスのワクチン接種などを証明する「衛生パス」の提示義務について、今月15日までの期限を来年7月末まで延長する法案の最終案を与党の賛成多数で可決した。マクロン政権は今冬に感染が再拡大する恐れがあるとして、延長が必要だとの考えを示していた。

屋内でも「2m以上の距離・ほとんど会話なし」ならマスク不要…政府見解発表

 仏の衛生パスは今夏に導入され、飲食店や美術館、長距離列車などで提示する必要がある。一方で、「自由の侵害だ」と抗議するデモが続いている。

 今回の期限延長について野党側は、来年4月の大統領選挙や6月の下院選を控え、コロナ対策は選挙戦で議論すべきだとして、期限を2月末までとするよう求め反対していた。

 フランスでは、このところ感染が増加傾向にあり、1日あたりの新規感染者数は数千人から約1万人程度で推移している。

新型コロナ・都道府県別感染者数や最新ニュース
スクラップは会員限定です

使い方
「国際」の最新記事一覧
2499781 0 国際 2021/11/06 21:22:00 2021/11/06 22:19:26 2021/11/06 22:19:26

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)