露のコロナ休業措置、効果出ないまま終了へ…国産ワクチン「不発」・感染者数高止まり

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【モスクワ=田村雄】ロシアのプーチン政権が新型コロナウイルスの感染拡大を抑えるため、全土で企業の大半を臨時休業にした措置が7日、計9日の実施期間を終了する。目立った効果が出ておらず、当局の対応を疑問視する声もある。

バイデン氏が2日連続で陰性、通常執務に復帰…再陽性による自主隔離終了

 この措置は大統領令で実施され、暮らしに最低限必要な食料品店や薬局などを除く企業・店舗は臨時休業となった。だが、露政府の7日の発表では、1日の新規感染者数は3万9165人と高止まりし、死者数は1179人と措置初日の10月30日より約20人多かった。

 感染状況に応じ、各地方は措置を延長できる仕組みだが、感染者数が最多のモスクワ市は3日、早々と延長しないと発表した。市長は「効果が見えるのはまだ先だが、状況は多少は安定した」と主張した。

 露独立系テレビ局「ドーシチ」は、「感染ペースを下げるには、理にかなった措置を長期的に実施する必要がある」との専門家の分析を伝えている。

 ロシアではマスク着用が依然として不徹底な上、国産ワクチンの接種完了者も総人口の約3割にとどまる。政権は接種促進を目指すが、露独立系世論調査機関が1日に発表した調査では、接種の意思が「ない」との回答が45%で、「ある」(19%)を大きく上回った。

新型コロナ・都道府県別感染者数や最新ニュース
スクラップは会員限定です

使い方
「国際」の最新記事一覧
2501309 0 国際 2021/11/07 21:00:00 2021/12/06 21:00:03 2021/12/06 21:00:03

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)