「庶民派」が共通点、デンマーク女王がドイツ訪問しメルケル首相ねぎらう

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

10日、ベルリンで、ドイツを公式訪問したデンマークのマルグレーテ2世(左)とメルケル独首相(AP)
10日、ベルリンで、ドイツを公式訪問したデンマークのマルグレーテ2世(左)とメルケル独首相(AP)

 【ベルリン=中西賢司】デンマークの女王マルグレーテ2世が10日、ドイツを公式訪問し、政界を間もなく引退するメルケル首相と会談した。1972年に即位した81歳の女王は、百貨店に自らカーテンを買いに行ったという逸話の持ち主だ。在任約16年のメルケル氏も旧東独の町に帰省した際、母親とスーパーでカートを押したという「庶民派」で知られる。女王は共通点の多い女性宰相をねぎらったようだ。

スクラップは会員限定です

使い方
「国際」の最新記事一覧
2511676 0 国際 2021/11/11 10:00:00 2021/11/11 11:04:32 2021/11/11 11:04:32 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/11/20211111-OYT1I50022-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)