女子テニス協会、中国著名選手の前副首相との不倫告発に「深い懸念」…真相調査求める声明

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【北京=比嘉清太】女子プロテニスを統括する女子テニス協会(WTA)は14日、中国の著名女子プロテニス選手、 彭帥ポンシュアイ さん(35)のSNSの個人アカウントに、彭さんが 張高麗ジャンガオリー 前筆頭副首相(今月で75歳)と不倫関係にあったと告発する内容の投稿が掲載されたことに「深い懸念」を示し、中国側に真相の調査を求める声明を発表した。

 今月2日に投稿された告発は、彭さんが自らの同意なく張氏に関係を迫られたとするもの。台湾メディアなどによれば、彭さんの動静は現在、不明という。

 WTAはスティーブ・サイモン最高経営責任者(CEO)の声明で、「告発は最大限、真剣に扱われなければならない」と訴え、彭さんの「勇気と力強さ」を称賛した。告発を巡り「完全に、公正に、透明に、検閲なしで調査されねばならない」とも強調した。

スクラップは会員限定です

使い方
「国際」の最新記事一覧
2522123 0 国際 2021/11/15 17:41:00 2021/11/15 17:41:00 2021/11/15 17:41:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)