読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

ドイツ、16年ぶり中道左派の首相誕生へ…3党連立政権合意でメルケル氏後任に

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

ショルツ氏(ロイター)
ショルツ氏(ロイター)

 【ベルリン=中西賢司】ドイツの中道左派・社会民主党(SPD)は24日、環境政党・緑の党、中道右派・自由民主党(FDP)と連立政権を樹立することで合意した。SPDのオラフ・ショルツ財務相(63)を首班とする3党連立政権の発足が確実となった。

 各党の党内手続きを経て、ショルツ氏は12月中に、政界を引退するメルケル氏の次の首相に選出される運び。SPD所属の首相誕生はシュレーダー前首相以来16年ぶりとなる。ショルツ氏は24日の記者会見で「新しい時代を開くような役割を果たしたい」と意欲を述べた。3党の合意では、新政権は、再生可能エネルギーの比率を2030年までに80%に高めるなどの気候変動対策を進めるほか、米欧同盟を柱に国際法と人権擁護を重視した外交を掲げる。

 弁護士出身のショルツ氏はハンブルク市長を経て、SPDと大連立を組むキリスト教民主・社会同盟(CDU・CSU)主導のメルケル政権で副首相兼財務相を務める。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2546485 0 国際 2021/11/25 11:15:00 2021/11/25 11:15:00 2021/11/25 11:15:00 FILE PHOTO: Social Democratic Party (SPD) top candidate for chancellor Olaf Scholz delivers a statement after a final round of coalition talks to form a new government, in Berlin, Germany, November 24, 2021. REUTERS/Fabrizio Bensch/File Photo https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/11/20211125-OYT1I50042-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)