読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

プーチン露大統領、鼻からワクチン投与…「試したが何の問題もない」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【モスクワ=工藤武人】ロシアのプーチン大統領は24日、新型コロナウイルスの自国製ワクチン「スプートニクV」を鼻から投与する「点鼻型」の追加接種を受けたことを明らかにした。ロシアでも未承認だが、国立研究所が開発を急いでおり、将来的には輸出も計画しているという。

プーチン大統領
プーチン大統領

 プーチン氏は接種が1回で済む「スプートニク・ライト」の注射を21日に受け、翌22日に点鼻型を接種したという。プーチン氏は閣僚らとのオンライン形式の会合で、「追加接種で2種類を試したが何の問題もない。24日朝にはスポーツもした」と語った。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2548179 0 国際 2021/11/25 20:10:00 2021/11/25 20:10:00 2021/11/25 20:10:00 ロシアのウラジミール・プーチン大統領。2019年6月29日撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/11/20211125-OYT1I50084-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)