リトアニアが中国猛反対の「台湾代表処」開設、蔡英文総統が謝意…バルト3国議員団と会談

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

台湾の蔡英文総統=AP
台湾の蔡英文総統=AP

 【台北=杉山祐之】台湾の 蔡英文ツァイインウェン 総統は29日、台北市の総統府で、前日訪台したバルト3国の国会議員団と会談した。双方は、中国やロシアで強まる権威主義を念頭に、自由や民主主義を守るために協力していくことで一致した。

 旧ソ連から独立したリトアニア、エストニア、ラトビアからなるバルト3国で初となる合同議員団訪台は、台湾との関係を急速に強めるリトアニアが先導する形で実現した。

 蔡氏は会談で、台湾とバルト3国の民主化の歴史に触れた上で、「世界は今、権威主義の拡張と偽情報の脅威に直面している。共通の価値観を共に守り、民主的で自由な生活方式を保っていきたい」と述べた。台湾に新型コロナウイルスワクチンを提供し、中国が猛反対する「台湾代表処」開設を認めたリトアニアには謝意を表明した。

 リトアニアのマタス・マルデイキス氏は、「自由と、ルールに基づく国際秩序を守ることは、重要な利益だ。台湾との関係を強化し、協力してこの目標を達成したい」と語った。

 中国外務省の 汪文斌ワンウェンビン 副報道局長は29日の記者会見で、「外部勢力と結託して『独立』のたくらみを妄想しても見込み違いであり、失敗に終わる」と強く反発した。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2557331 0 国際 2021/11/29 17:53:00 2021/11/29 21:06:52 2021/11/29 21:06:52 台北で開かれた双十節の式典で演説する台湾の蔡英文総統=AP。2021年10月12日朝刊「蔡氏「中国の現状変更阻止」 統一圧力をけん制」掲載。二次利用は写真部に連絡を。クレジット:APTaiwanese President Tsai Ing-wen delivers a speech during National Day celebrations in front of the Presidential Building in Taipei, Taiwan, Sunday, Oct. 10, 2021. (AP Photo/Chiang Ying-ying) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/11/20211129-OYT1I50095-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)