英首相「必要な防御を」、18歳以上の全員に追加接種「来年1月末まで」目指す

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ロンドン=池田慶太】英国のジョンソン首相は11月30日の記者会見で、新型コロナウイルスワクチンの追加接種について、来年1月末までに18歳以上の全員に提供する方針を明らかにした。接種を加速し、新変異株「オミクロン株」の感染拡大を阻止する狙いだ。

11月30日、ロンドンで記者会見するジョンソン英首相(ロイター)
11月30日、ロンドンで記者会見するジョンソン英首相(ロイター)

 これまで追加接種の対象を40歳以上としていたが、オミクロン株対策として18歳以上に拡大する。2回目接種との間隔は最短で6か月から3か月に縮め、重症化リスクの高い人などから順次、接種を進める。

 追加接種はすでに約1800万人が済ませている。英政府は今後2か月で残り約1400万人にワクチンを提供する目標を掲げ、接種体制も強化する。臨時の集団接種会場を設けるほか、応援要員として英軍兵400人を医療現場に投入する。ジョンソン氏は「ブースター(追加接種)が必要な防御を与えると信じるのに十分な根拠がある」と述べ、国民に接種を呼びかけた。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2561890 0 国際 2021/12/01 11:32:00 2021/12/01 11:32:00 2021/12/01 11:32:00 Britain's Prime Minister Boris Johnson gestures during a news conference in Downing Street, London, Britain November 30, 2021. REUTERS/Tom Nicholson/Pool https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/12/20211201-OYT1I50051-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)