読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

来週前半にも米露首脳会談、偶発的衝突を回避する狙いか

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【モスクワ=工藤武人】ロシアの有力紙コメルサントは2日、ロシアのプーチン大統領と米国のバイデン大統領が来週前半にもオンライン形式で会談する見通しだと報じた。7日を軸に調整しているという。ウクライナの国境地帯でロシア軍が部隊を増強している問題が主要議題になりそうだ。

バイデン大統領
バイデン大統領
プーチン大統領
プーチン大統領

 米国のブリンケン国務長官は2日、スウェーデンのストックホルムでの記者会見で、「大統領同士が話す機会が近くあるだろう」と述べた。米露関係は冷え切っているが、首脳の直接対話を通じ、双方の対立が偶発的な軍事衝突などに発展しないよう制御する意図があるとみられる。

 米露はスイス・ジュネーブで今年6月に開いた対面での首脳会談を受け、核軍縮を含む軍備管理について協議する「戦略的安定対話」に着手している。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2568196 0 国際 2021/12/03 18:59:00 2021/12/03 18:59:00 2021/12/03 18:59:00 ニューヨーク市で外交政策について演説するジョー・バイデン前副大統領。2019年7月11日撮影。 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/12/20211203-OYT1I50094-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)