読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

米とEU、台湾と協力深化へ…インド太平洋巡り初の高官級協議

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ワシントン=蒔田一彦】米国と欧州連合(EU)は3日、ワシントンで、インド太平洋政策に関する高官級協議を開いた。インド太平洋地域のパートナーとの協力強化が米国とEUの双方にとって「戦略的利益」だと指摘し、台湾との協力を深めていく方針を示した。

 高官級協議は10月に設置することで合意しており、今回初めて開かれた。米側はウェンディー・シャーマン国務副長官、EU側は欧州対外活動庁のステファノ・サンニーノ事務総長が出席した。発表によると、両氏は「台湾海峡の安定と現状維持への関心」を改めて確認し、「『一つの中国』政策にのっとって台湾との協力を深化するという共通の関心」について言及したという。

 中国は、台湾との関係を急速に強めているEU加盟国のリトアニアに対し、圧力をかけている。協議後に行われた米調査研究機関のイベントでシャーマン氏は、中国が「経済的・文化的関係を深める決定をしたリトアニアと台湾をいじめている」と指摘。「米国は引き続きリトアニアを支持する」と強調した。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2569685 0 国際 2021/12/04 12:36:00 2021/12/04 12:36:00 2021/12/04 12:36:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)