「オミクロン株」38か国で確認、死者なし…WHO「危険性判断は早すぎる」

 【ジュネーブ=森井雄一】世界保健機関(WHO)は3日、新型コロナウイルスの新しい変異株「オミクロン株」の感染確認はこれまで、「欧州」や「アフリカ」など世界で6の管轄地域すべてに及び、計38か国に上っている一方、死者はまだ確認されていないと明らかにした。

新型コロナウイルス

 一方、WHOの感染症専門家マリア・ファンケルクホーフェ氏は、オミクロン株は重症化しにくいとの情報が一部で出ていることについて「変異株の種類によらず新型コロナは軽い症状から始まる」と指摘し、オミクロン株の危険性について判断するのは「早すぎる」と、警鐘を鳴らした。

 ファンケルクホーフェ氏は「感染者が増えれば入院患者も増え、死者が増えることにつながる」として、個人が感染防止対策を徹底することの重要性も訴えた。

国際
ページTOP