仏大統領選候補に広域自治体の女性議長…中道右派・共和党

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【パリ=山田真也】来年4月のフランス大統領選挙に向け、国政野党の中道右派・共和党は4日、候補者を選ぶ党員投票の決選投票の結果、広域自治体「イル・ド・フランス地域圏」の議長、バレリー・ペクレス氏(54)が選出されたと発表した。

 ペクレス氏は女性で、これまでに予算を担当する閣僚などを務めた。「マクロン大統領を倒せるのは私しかいない」などと訴えた。党員投票には5人が立候補し、ペクレス氏と下院議員のエリック・シオッティ氏が決選投票に進んでいた。共和党は仏上院で最大勢力を誇り、地方にも強固な地盤がある。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2571181 0 国際 2021/12/05 00:54:00 2021/12/05 00:54:00 2021/12/05 00:54:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)