読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

スー・チー氏に禁錮4年判決も、国軍報道官「恩赦で禁錮2年に減刑した」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【バンコク=津田知子】ミャンマーでクーデターを強行した国軍が設置した特別法廷は6日、国軍による拘束が続く国民民主連盟(NLD)トップのアウン・サン・スー・チー氏(76)に刑法違反など2件で禁錮4年の有罪判決を言い渡した。スー・チー氏は10件以上の罪で訴追されており、判決言い渡しは今回が初めてだ。

アウン・サン・スー・チー氏
アウン・サン・スー・チー氏

 判決後、国軍の報道官は本紙の取材に、恩赦により禁錮2年に減刑したと説明した。国内外の批判を意識した措置の可能性がある。

 スー・チー氏のほか、NLD政権で大統領を務めたウィン・ミン氏や、首都ネピドーの元NLD幹部も禁錮刑の判決となった。今回の2件は4審制が適用され、上訴できるとされる。関係者は「控訴する可能性が高い」と話しているという。

 スー・チー氏が有罪となったのは▽今年2月のクーデター発生後、NLDを通じて国軍を非難する声明を出し、社会不安を扇動したとする刑法違反▽新型コロナウイルスの感染が拡大していた昨年11月の総選挙前、大人数が集まる選挙活動を行ったとする自然災害管理に関する法律違反――の2件。スー・チー氏はいずれも無罪を主張していた。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2574689 0 国際 2021/12/06 15:50:00 2021/12/06 23:24:52 2021/12/06 23:24:52 東南アジア諸国連合(ASEAN)首脳会議に臨むミャンマーのアウン・サン・スー・チー国家顧問。バンコクで。2019年11月3日撮影。スー・チー氏。顔写真。2020年1月11日朝刊掲載。 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/12/20211206-OYT1I50073-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)