米6州で計30超の竜巻発生…ケンタッキー州の工場で被害、100人死亡の恐れも

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ニューヨーク=寺口亮一】米CNNテレビなどによると、米国の複数の州で10日夜から11日にかけて竜巻が発生した。南部ケンタッキー州では50人以上が死亡した可能性がある。ケンタッキーを含め6州で計30を超える竜巻が確認されており、被害は広がる恐れがある。

10日、米イリノイ州で、大規模な竜巻で損壊した倉庫(Chris Phillips/Maverick Media Group, LLC提供、ロイター) 
10日、米イリノイ州で、大規模な竜巻で損壊した倉庫(Chris Phillips/Maverick Media Group, LLC提供、ロイター) 

 ケンタッキー州メイフィールドでは、ろうそく工場で甚大な被害が出ている模様だ。アンディ・ベシア州知事は11日に記者会見し、工場内には当時、約110人がおり、死者が70~100人に達する可能性があるとの見方を示した。

10日、米イリノイ州で、大規模な竜巻で損壊した倉庫(Chris Phillips/Maverick Media Group, LLC提供、ロイター)
10日、米イリノイ州で、大規模な竜巻で損壊した倉庫(Chris Phillips/Maverick Media Group, LLC提供、ロイター)

 アーカンソー州では介護施設が竜巻の直撃を受け、少なくとも1人が死亡、20人が負傷した。

 イリノイ州では通販大手アマゾンの配送倉庫が被害を受け、少なくとも2人が死亡した。従業員が内部に閉じ込められており、救出作業が続いている。テネシー州でも3人が死亡した。

スクラップは会員限定です

使い方
「国際」の最新記事一覧
2589984 0 国際 2021/12/11 20:34:00 2022/01/09 21:00:04 2022/01/09 21:00:04

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)