バイルス選手らへの医師の性的虐待、被害者500人以上に和解金計432億円支払いで合意

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ロサンゼルス=佐野司】米国体操協会の元チーム医師が女子選手や多数の少女に性的虐待を行った問題で、協会などが500人以上の被害者に和解金3億8000万ドル(約432億円)を支払うことで合意したと13日、AP通信などが報じた。

東京五輪・体操女子種目別平均台で銅メダルのバイルス選手
東京五輪・体操女子種目別平均台で銅メダルのバイルス選手

 元チーム医師の男による20年以上にわたる性的虐待は2016年に発覚。リオデジャネイロ五輪4冠のシモーン・バイルス選手(24)らの被害が明るみになり、強制わいせつ罪などに問われた男は18年に最長175年の禁錮刑を言い渡された。保険会社と協会、米国オリンピック・パラリンピック委員会が和解金の支払いを分担する。

 スポーツ専門局ESPN(電子版)によると、被害者たちは男が所属していたミシガン州立大とも5億ドル(約568億円)で和解しており、総額8億8000万ドル(約1000億円)は、1人の加害者による性的虐待事件の和解金としては史上最高額になるという。

スクラップは会員限定です

使い方
「国際」の最新記事一覧
2595447 0 国際 2021/12/14 11:52:00 2021/12/14 18:53:02 2021/12/14 18:53:02 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/12/20211214-OYT1I50048-T-e1639475578216.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)