メルク製コロナ飲み薬、仏が発注取り消し…臨床試験での効果「予想より低い」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ロンドン=池田慶太、パリ=山田真也】英政府は22日、米メルク製の「モルヌピラビル」について、追加で175万回分購入する契約を結んだと発表した。英国では11月4日に世界に先駆けて承認され、今月から使用が始まっている。

大阪府で新たに2302人コロナ感染…1週間前から791人増

 英政府は、米ファイザー製の「パクスロビド」も250万回分購入すると発表。現在は未承認だが、「承認され次第、できるだけ早く治療薬として使用する」(保健衛生当局)としている。10月には二つの治療薬を計73万回分購入すると発表していた。

23日、口ひげつきのマスクをして歩くロンドンの男性(AP)
23日、口ひげつきのマスクをして歩くロンドンの男性(AP)

 英国は変異株「オミクロン株」の急拡大を受けて1日に10万人を超える新規感染者が確認されている。英政府は声明で、「二つの薬はオミクロン株に有効と見込まれる」と期待を示した。

 一方、フランスのオリビエ・ベラン保健相は22日、米メルク製の「モルヌピラビル」について、発注を取り消したと発表した。臨床試験での効果が予想よりも低かったためとしている。ベラン氏は代わりに、米ファイザー製のパクスロビドの調達を進める考えを示した。

新型コロナ・都道府県別感染者数や最新ニュース
スクラップは会員限定です

使い方
「国際」の最新記事一覧
2626144 0 国際 2021/12/24 11:26:00 2021/12/24 11:26:00 2021/12/24 11:26:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/12/20211224-OYT1I50051-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)