「祈れば救われる」「ワクチンに悪魔」東方正教会の信徒多い国で接種率低迷

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 ルーマニアなど東欧諸国では、正教会は選挙で大きな集票力を持つため政治への影響力も強く、政府が干渉しづらいという事情もある。

J1のG大阪―広島戦が中止、広島で複数のコロナ陽性…代替日は未定

フェイク

 虚偽情報の拡散も深刻だ。18日に訪れた南部スロボジアのワクチン接種会場は閑散としていた。「『死にたくないから打たない』『3世代先まで子供ができなくなる』など、あらゆるフェイクニュースが広がっている」。ラドゥ・アンドレア医師(40)はため息をついた。接種に来るのは3回目の人がほとんどで、初回の人は1日10人ほど。「自分の患者で接種したのに入院したのは2人だけだ。偽情報のせいで自分のメッセージが届かないのが悔しい」と嘆いた。

 熱心な正教会信徒で、反ワクチン運動で一躍有名になった男性(43)のブログには、「ワクチンは遺伝子を変える生物兵器だ」などと主張する投稿があふれている。男性は医療従事者だったが、11月、コロナに感染して死亡した。

死者急増

感染により死亡した人の墓前にたたずむロシュカさん(18日、ルーマニア南部スロボジアで
感染により死亡した人の墓前にたたずむロシュカさん(18日、ルーマニア南部スロボジアで

 ニコラエ・チウカ首相は今月23日、会合で「ワクチンは重症化と死を防ぐ」などと接種を呼びかけた。政府は接種者には全員100レイ(約2600円)の食事券を配り、最高191万レイ(約5000万円)が当たるくじ引きも始めた。だが、12月の接種率は約1・6ポイントの上昇にとどまる。

 スロボジアでは10~11月、死者数がそれまでの3~4倍に急増した。市内の墓地では、墓穴を掘る作業が追いつかず、もうすぐ敷地が足りなくなる。「この穴を見てほしい。接種しないとここに行くんだ」。作業管理者のペトレ・バレリロ・ロシュカさん(35)はつぶやいた。

  ◆東方正教会 =キリスト教の3大教派の一つ。ギリシャや東欧、ロシアなどに2億人以上の信徒がいる。東ローマ帝国の首都だったコンスタンチノープル(現イスタンブール)総主教庁を中心に、主に国単位で組織される。

1

2

新型コロナ・都道府県別感染者数や最新ニュース
スクラップは会員限定です

使い方
「国際」の最新記事一覧
2630401 0 国際 2021/12/26 05:00:00 2021/12/26 14:18:15 2021/12/26 14:18:15 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/12/20211226-OYT1I50013-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)