「オミクロン」空の便に影響、3日間で6000便欠航…うち1700便は米国内発着

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ワシントン=蒔田一彦】米国で新型コロナウイルスの変異株「オミクロン株」の感染拡大が続き、米紙ニューヨーク・タイムズによると、1日当たりの新規感染者は25日までの1週間で平均20万1330人となった。20万人を超えたのは1月以来だ。米政府のアンソニー・ファウチ首席医療顧問は26日、ワクチン未接種者を中心に入院者が増加し、医療体制を圧迫する可能性があると懸念を示した。

22年春闘、賃上げ率は2・07%…コロナ禍前の水準に回復
26日、米ニューヨークのジョン・F・ケネディ国際空港で、行列をなす旅行客ら(ロイター)
26日、米ニューヨークのジョン・F・ケネディ国際空港で、行列をなす旅行客ら(ロイター)

 ファウチ氏は米ABCニュースの番組で、米国内の感染状況について、「感染者数は日ごとに増加しており、更に増えるだろう」と述べた。オミクロン株の重症化リスクは低いとの見方を示しつつ、「多数の米国人がワクチンを接種していない。米国では入院者の増加につながるかもしれない」と指摘した。米疾病対策センター(CDC)が公表した今月12~18日のデータでは、米国の感染者の73・2%がオミクロン株に感染したとなっている。

 米CNNによると、乗務員が感染したなどの理由で、航空便の欠航や遅延が相次いでいる。人の移動が多いクリスマス前後の24~26日の3日間に欠航した便は世界全体では6000便を上回り、このうち約1700便は米国内の発着便だったという。

新型コロナ・都道府県別感染者数や最新ニュース
スクラップは会員限定です

使い方
「国際」の最新記事一覧
2635221 0 国際 2021/12/28 00:46:00 2021/12/28 00:46:00 2021/12/28 00:46:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/12/20211228-OYT1I50003-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)