中国軍が対台湾の制海・制空力獲得か、関係筋分析…侵攻作戦準備は完成段階へ

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【北京=大木聖馬】中国軍が台湾への武力侵攻でカギを握る制海・制空権の確保に向け、空から陸海空への同時攻撃を行う能力を獲得しつつある。台湾の防空識別圏(ADIZ)で2021年に急増した中国軍機の進入行動を複数の関係筋が分析して導き出した。台湾侵攻の作戦準備は、今後、台湾本島への上陸作戦能力が備われば完成に近づく。

 台湾の国防部(国防省)の公表資料によると、中国軍機は21年の1年間で計約250回、延べ960機以上がADIZに進入。21年9月16日から同年12月末までの3か月半では延べ約500機で前年同期(約150機)の3倍以上となった。

 中国軍機のADIZ進入は米国と台湾の接近などをけん制する狙いがあるとみられていたが、中国軍の内情を知りうる関係者は「実戦化に向けた(訓練)行動だった」との見方を示す。

2021年10月に台湾の防空識別圏に進入した、中国軍の戦闘機「J16」の同型機=台湾国防部提供
2021年10月に台湾の防空識別圏に進入した、中国軍の戦闘機「J16」の同型機=台湾国防部提供

 21年10月に1回で過去最多の延べ52機が進入した際は、早期警戒機、哨戒機、戦闘機、戦略爆撃機など「陸海空のすべての領域への攻撃を同時に行うことが可能な組み合わせで運用した」という。ヘリコプターの進入もあり、特殊部隊を地上に送り込む訓練も想定していたとみられる。

1

2

スクラップは会員限定です

使い方
「国際」の最新記事一覧
2647357 0 国際 2022/01/04 05:00:00 2022/01/04 05:05:15 2022/01/04 05:05:15 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/01/20220104-OYT1I50019-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)