石炭需給急迫のインドネシア、輸出を禁止…電力安定供給へ大統領「いかなる理由でも違反するな」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ジャカルタ=川上大介】インドネシア政府は1日、国内の石炭火力発電所での石炭需給が 逼迫ひっぱく しているなどとして、石炭輸出を31日まで禁止すると発表した。インドネシアは世界最大の石炭輸出国で、各国の石炭調達や市場価格への影響が懸念される。

インドネシアの石炭火力発電所(ロイター)
インドネシアの石炭火力発電所(ロイター)

 エネルギー・鉱物資源省などによると、輸出禁止措置が実施されない場合、1万850メガ・ワットの電力を供給する20の発電所が停止する危険性があるという。

 インドネシアでは、国内で電力を安定供給するため、石炭会社に年間生産量の25%を国内の電力会社に回すよう義務付けている。ジョコ・ウィドド大統領は3日、今回の輸出禁止措置を踏まえ、「義務は絶対で、いかなる理由でも違反してはならない」と強調した。

スクラップは会員限定です

使い方
「国際」の最新記事一覧
2649245 0 国際 2022/01/05 05:00:00 2022/01/05 09:13:22 2022/01/05 09:13:22 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/01/20220105-OYT1I50033-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)