北朝鮮「極超音速ミサイル発射」、700キロ先の目標に命中と報道

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ソウル=上杉洋司】朝鮮中央通信は6日、北朝鮮の国防科学院が5日、極超音速ミサイルの試射を行い、700キロ・メートル先の目標に命中したと報じた。5日に日本海に向けて発射された 飛翔ひしょう 体を指すとみられる。

ソウルで5日、北朝鮮のミサイル発射を資料映像で伝えるニュース画面(ロイター)
ソウルで5日、北朝鮮のミサイル発射を資料映像で伝えるニュース画面(ロイター)

 極超音速ミサイルは、マッハ5以上の速度で目標に向かって飛行する兵器で、北朝鮮は昨年9月にも「火星8」型の同ミサイルを発射したと発表した。今回が2回目の発射とみられ、性能向上を図るための実験だった模様だ。

 ミサイルの性能について、上下左右に複雑に動く「制御性と安定性」が確認されたと主張している。

 燃料アンプル化の信頼性も検証されたとした。韓国の専門家によると、アンプル化とは、液体燃料を密封し長期間保管する技術だ。

 朝鮮中央通信は、今回の発射により「戦略兵器部門の最重要課題を完遂した」と伝えた。

 韓国政府関係者は本紙に対し、北朝鮮の極超音速ミサイルについて「米国や中国には及ばないが無視していい水準ではない。前回の発射から3か月と発射の間隔が短く、弾頭部分の形状が変化している。様々な形態のミサイルを開発しているようだ」と話した。

スクラップは会員限定です

使い方
「国際」の最新記事一覧
2652336 0 国際 2022/01/06 06:38:00 2022/01/06 11:45:42 2022/01/06 11:45:42 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/01/20220106-OYT1I50019-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)