ミャンマー特別法廷、スー・チー氏に禁錮4年の有罪判決…小型無線機の不法輸入などで

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

アウン・サン・スー・チー氏
アウン・サン・スー・チー氏

 【ヤンゴン=津田知子】ミャンマーの特別法廷は10日、国軍による拘束が続く国民民主連盟(NLD)のトップ、アウン・サン・スー・チー氏(76)に対し、小型無線機を不法に輸入したなどとして禁錮4年の有罪判決を言い渡した。判決は昨年12月に続き2回目で、禁錮刑の刑期は計6年となる。

 関係者によると、10日に有罪認定されたのは3件。通信に関する法律違反などのほか、新型コロナウイルスの感染が拡大していた2020年11月の総選挙前、大人数が集まる選挙活動を行ったことが、自然災害管理に関する法律違反に当たるとされた。スー・チー氏はいずれも無罪を主張していた。

 スー・チー氏は昨年12月6日、刑法違反など2件で禁錮4年の有罪判決を言い渡された後、国軍側の恩赦で禁錮2年に減刑された。ほかに汚職防止法違反などでも訴追されており、審理が続いている。

スクラップは会員限定です

使い方
「国際」の最新記事一覧
2662198 0 国際 2022/01/10 17:31:00 2022/01/10 18:27:17 2022/01/10 18:27:17 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/01/suchi.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)