「妻の余命が短い」と出国求めたが、死に目に会えず…中国当局に拘束された可能性

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【香港=吉岡みゆき】香港紙・明報は12日、中国の著名な人権活動家・郭飛雄(本名・楊茂東)氏の妻の張青さんが10日に米国で死去したと伝えた。出国を制限されている郭氏は面会がかなわなかったばかりか、当局に拘束された可能性がある。

中国・北京の天安門
中国・北京の天安門

 報道によると、当局が、「国家の安全に危害を加えるおそれがある」との理由で郭氏の出国を認めなかったため、郭氏は昨年11月、「妻ががんで余命が短い」として、 李克強リークォーチャン 首相に宛てて米国行きを認めるよう求める公開書簡を出していた。昨年12月5日に当局に拘束されたとみられ、連絡がつかない状況が続いている。

 郭氏は、中国で自由や民主化を求める活動を行い、公共秩序騒乱罪などに問われ、2回にわたり計11年間収監された経緯がある。

 郭氏への圧力が強まる中、妻の張青さんは2006年から子供とともに米国に渡っていた。

スクラップは会員限定です

使い方
「国際」の最新記事一覧
2669053 0 国際 2022/01/12 18:47:00 2022/01/12 21:03:22 2022/01/12 21:03:22 天安門(1月28日、北京で)=片岡航希撮影中国・北京の天安門=片岡航希撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/01/20220112-OYT1I50094-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)