通信困難な状況続くトンガ、NZ・豪州が被害状況把握へ軍用機派遣

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ジャカルタ=川上大介】南太平洋の 島嶼とうしょ 国トンガの海底火山で15日に起きた大規模な噴火の影響で、トンガでは依然として通信が困難な状況が続いている。ニュージーランドとオーストラリアは17日、被害状況の把握へ、軍用機を派遣した。

17日、豪クイーンズランド州の空軍基地で、トンガの被害状況を確認するため出発準備をする哨戒機(ロイター)
17日、豪クイーンズランド州の空軍基地で、トンガの被害状況を確認するため出発準備をする哨戒機(ロイター)

 軍用機の派遣は、道路や湾港など重要インフラ(社会基盤)の状況を調査するのが目的だ。現地では、噴火による火山灰の影響で飲み水などの確保が困難になっているとされる。両国政府は今回の調査結果を踏まえて支援を本格化させる。

15日、噴火する海底火山(ロイター)
15日、噴火する海底火山(ロイター)

 噴火によって生じた津波の人的被害については、豪公共放送ABCは、豪政府の初期報告では大規模な死傷者は出ていないとし、「これまでに死者は確認されていない」というトンガ外交官の説明も伝えた。ニュージーランドのメディアによると、首都ヌクアロファの大部分では、電力がほぼ回復したという。

 海底ケーブルを通じた海外との通信は困難な状態で、復旧までに1週間以上を要するとの見方もある。多くの建物や道路が損壊し、連絡が取れない人や地域もあり、被害の全容把握には時間がかかるとみられる。

スクラップは会員限定です

使い方
「国際」の最新記事一覧
2681230 0 国際 2022/01/17 18:39:00 2022/01/18 00:16:13 2022/01/18 00:16:13 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/01/20220118-OYT1I50000-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)