中国の出生数1062万人、建国以来最少か…第3子の出産解禁でも回復せず

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【北京=田川理恵】中国の国家統計局は17日、2021年の出生数が前年比138万人減の1062万人だったと発表した。5年連続の減少となる。出生数は1949年の建国以来、最少となったとみられる。

 出生数が最も少なかったのは、人口学者らの推計から、数千万人とも言われる餓死者を出した大増産運動「大躍進」(58~60年)直後の約1200万人(61年)とみられていた。中国政府公表の統計では出生数は建国時までさかのぼれないが、2021年の数字が最少を更新した可能性が高い。

 中国政府が毎年実施している抽出調査から推計したもので、65歳以上の人口は2億56万人だった。総人口に占める割合は20年の13・5%から14・2%に拡大し、国連の基準が定める「高齢社会」となった。昨年末時点の人口は、前年より48万人増えて14億1260万人だった。

 中国政府は、人口が増えすぎないように調整する「一人っ子政策」を15年末で廃止した。21年には第3子の出産も解禁したが、出生数の回復にはつながっていない。経済成長に伴う価値観の多様化や、子育て費用の高騰が要因と指摘されている。中国紙・21世紀経済報道(電子版)は17日、「22年には人口増加が『ゼロ』になるかもしれない」との専門家の見方を伝えた。

スクラップは会員限定です

使い方
「国際」の最新記事一覧
2681776 0 国際 2022/01/17 22:29:00 2022/01/17 23:47:42 2022/01/17 23:47:42 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/01/20220117-OYT1I50142-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)