米軍制服組トップと海兵隊総司令官が陽性…国防長官に続き軍幹部の感染相次ぐ

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ワシントン=田島大志】米軍は17日、制服組トップのマーク・ミリー統合参謀本部議長が新型コロナウイルスに感染したと発表した。AP通信によるとデビッド・バーガー海兵隊総司令官も陽性が確認された。

大阪府で新たに3932人コロナ感染…1週間前から308人減

 統合参謀本部の声明では、ミリー氏は16日の検査で陽性反応が出たため、遠隔での執務に切り替えた。追加のコロナワクチン接種も終えており、症状はごく軽いという。バイデン大統領と最後に接触したのは12日で、すぐ後の検査では陰性だった。

 オースティン国防長官も2日に感染が発表されるなど、国防総省や米軍幹部の陽性確認が相次いでいる。

スクラップは会員限定です

使い方
「国際」の最新記事一覧
2682367 0 国際 2022/01/18 10:10:00 2022/01/30 11:00:04 2022/01/30 11:00:04

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)