英首相、マスク着用義務などの規制撤廃へ…オミクロン拡大「ピークを越えた可能性」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ロンドン=池田慶太】英国のジョンソン首相は19日の下院で、新型コロナウイルスの変異株「オミクロン株」の感染拡大がピークを越えた可能性があるとして、マスク着用義務など大半の規制を撤廃する方針を明らかにした。

大阪府で新たに3030人がコロナ感染…1週間前から409人減
19日、英中部ボルトンで、街頭に設置された新型コロナウイルス関連情報の表示板の近くを歩く人々(ロイター)
19日、英中部ボルトンで、街頭に設置された新型コロナウイルス関連情報の表示板の近くを歩く人々(ロイター)

 公共交通機関や店舗でのマスク着用や、大規模イベントやナイトクラブでのワクチン接種証明の提示について、20日以降、段階的に廃止する。在宅勤務の奨励も打ち切る。

 英国ではオミクロン株の感染拡大を受け、今月4日には新規感染者数が過去最多の約22万人を記録したが、19日には約10万8000人まで減少している。

 また、ジョンソン氏は「インフルエンザに感染しても隔離を求めないように、自主隔離の法的要求を撤廃する時が間もなく来るだろう」と語り、感染者に義務づけている自主隔離に関し、法的効力が切れる3月24日までに廃止したい意向も示した。

新型コロナ・都道府県別感染者数や最新ニュース
スクラップは会員限定です

使い方
「国際」の最新記事一覧
2687854 0 国際 2022/01/20 10:45:00 2022/01/20 11:29:32 2022/01/20 11:29:32 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/01/20220120-OYT1I50052-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)