とにかく「水がほしい」…海底火山噴火1週間、トンガからの声

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 海底火山の大規模噴火から22日で1週間となったトンガは、津波や火山灰による被害が深刻だ。被災者や日本の家族らは発生時の生々しい様子を証言し、支援の必要性を訴えた。(国際部 浜口真実、鈴木浩輝、ハノイ支局 安田信介)

雨水をためて飲料水、火山灰が入ると・・・

15日の噴火発生直後、ラトゥさんに届いた写真。津波がトンガタプ島に押し寄せている(ラトゥさん提供)
15日の噴火発生直後、ラトゥさんに届いた写真。津波がトンガタプ島に押し寄せている(ラトゥさん提供)

 「辺りが真っ黒だ」「津波がきた」「小石のようなものが降ってきた」

 日本トンガ友好協会代表を務めるトンガ出身のラトゥ・ウィリアム志南利さん(56)(埼玉県熊谷市在住)は、15日の噴火直後、トンガの家族らがフェイスブックに投稿した内容を見て「大変なことになる」と思った。通信事情の悪化ですぐ連絡が途絶えた。心配でならなかったが、21日朝にようやく全員の無事が確認された。

 トンガには弟や妹4人とその家族が住み、農地も所有する。雨水をためて飲料水にしているが、火山灰が入ると飲めなくなるため、「水がほしい」と訴えている。食料は、各国からの支援が届き始めているという。

 弟らは「畑はダメみたいだ」と話す。火山灰に覆われた農地の整備には時間がかかる見通しだ。通信は不安定で、ラトゥさんはニュージーランドの親族を通じてしか、弟妹の状況を把握できない状態が続いている。

 ラトゥさんは「トンガにいた子供の頃は地震はほとんどなかった。トンガは日本のように防災意識は高くない」と古里を心配した。

残り:534文字/全文:1251文字
読者会員限定記事です
新規登録ですぐ読む(読売新聞ご購読の方)
スクラップは会員限定です

使い方
「国際」の最新記事一覧
2696079 0 国際 2022/01/22 23:50:00 2022/01/23 00:29:32 2022/01/23 00:29:32 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/01/20220122-OYT1I50133-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)