ドイツの大学で乱射、女性死亡…自殺の学生「人々は罰せられなければならない」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ベルリン=中西賢司】ドイツ西部ハイデルベルクのハイデルベルク大学で24日、男子学生(18)が講義中の講堂に押し入り、銃を乱射した。地元メディアによると、講堂にいた約30人のうち23歳の女性が死亡、3人が負傷した。学生は屋外で自殺した。

 動機は不明だが、警察の発表では、学生は事件直前、会話アプリで父親に「人々は今、罰せられなければならない」とのメッセージを送り、自身について海への散骨を望んでいたという。

 独DPA通信は当局筋の話として、政治的、宗教的な背景はないとの見方を伝えている。学生は銃2丁を持ち、100発以上の弾薬を残していた。銃所持の許可は得ておらず、警察は国外で購入したとみて入手ルートを調べている。

スクラップは会員限定です

使い方
「国際」の最新記事一覧
2701336 0 国際 2022/01/25 00:22:00 2022/01/25 22:46:20 2022/01/25 22:46:20

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)