「パニックに陥る理由ない」ウクライナ大統領、国民に冷静な対応呼びかけ

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【モスクワ=工藤武人】ウクライナのウォロディミル・ゼレンスキー大統領は24日、国民向けのビデオメッセージで、自国を取り巻く情勢が緊迫していることに関し、「全ては統制下にある。パニックに陥る理由はない」と述べ、冷静な対応を呼びかけた。

民間人殺害の罪に問われたロシア軍の軍曹に終身刑求刑…露報道官「多くの事件は偽物だ」
ウクライナのゼレンスキー大統領
ウクライナのゼレンスキー大統領

 大統領府によると、ゼレンスキー氏はこれに先立ち、国家安全保障国防会議を招集して対応を協議した。

 AFP通信によると、ウクライナとロシア、独仏の4か国は26日、パリでウクライナ情勢について高官協議を開く。政府軍と親露派武装集団との紛争が続く東部情勢を中心に緊張緩和を模索するが、ウクライナとロシアの対立は根深く、事態打開につながるかどうかは不透明だ。

ウクライナ侵攻、最新ニュースと分析
スクラップは会員限定です

使い方
「国際」の最新記事一覧
2701931 0 国際 2022/01/25 10:19:00 2022/02/21 11:47:43 2022/02/21 11:47:43 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/01/20220125-OYT1I50037-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)