米の対露制裁、ハイテク部品の輸出規制を準備「プーチン氏の戦略的野心に痛手」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ワシントン=横堀裕也】米政府高官は25日、ロシアがウクライナに侵攻した場合の経済制裁の一環として、ハイテク部品などの輸出規制措置を準備していると明らかにした。同盟国と連携し、ロシアの軍事・航空宇宙産業などに打撃を与える狙いがある。

 米政府高官は記者団に対し、米国製のソフトウェアや先端技術の輸出管理を強化することで、「ロシア経済を近代化しようとするプーチン大統領の戦略的野心に大きな痛手となる」と指摘。軍事や航空宇宙産業のほか、人工知能(AI)や量子コンピューター、ロボット産業などにも影響が及ぶとの見方を示した。

プーチン大統領
プーチン大統領

 また、米政府高官は、ロシアが報復として天然ガスなどの輸出を停止した場合に備え、代替の供給ルートを確保するための準備も進めていると明らかにした。特に欧州各国はロシアの天然ガスなどに依存しており、米政府は欧州と連携し、北アフリカや中東、アジア各国と協議を続けているという。

スクラップは会員限定です

使い方
「国際」の最新記事一覧
2705687 0 国際 2022/01/26 14:42:00 2022/01/26 14:42:00 2022/01/26 14:42:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/01/20220126-OYT1I50060-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)