NATO不拡大は確約せず…米・NATOが露に書面回答

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ワシントン=蒔田一彦、ブリュッセル=畠山朋子】米国と北大西洋条約機構(NATO)は26日、ロシアが示した「安全の保証」を巡る提案について、ロシアにそれぞれ書面で回答したと発表した。米国とNATOは、ウクライナを含む旧ソ連諸国にNATOを拡大しないと確約するよう迫るロシアの要求を受け入れない方針を改めて示した。

経済安保 連携確認へ 露中念頭に結束…クアッド あす首脳会談
26日、米ワシントンでウクライナ情勢について記者会見するブリンケン国務長官(AP)
26日、米ワシントンでウクライナ情勢について記者会見するブリンケン国務長官(AP)

 ロシアは昨年12月、米国とNATOに、ウクライナのNATO加盟を認めないことや露周辺から攻撃型兵器を撤去することなどを明文化する条約案を提示した。

 米国のブリンケン国務長官は26日の記者会見で、NATO拡大に関する立場について「変更はない。NATOの門戸は開かれたままだ」と述べ、ロシアの要求を拒む姿勢を明確にした。

 書面回答では、「我々が守ることを約束する核心的な原則」として、ウクライナの主権や領土保全、「安全保障に関する取り決めや同盟を選ぶ権利」を挙げたという。

 ブリンケン氏は回答に「共通認識を見つけることができそうな分野についての独自の提案も盛り込んだ」と述べた。具体的には、欧州での軍事演習に関する信頼醸成措置、ミサイル配備、全ての核兵器を対象にした軍備管理などを例示した。

 ブリンケン氏は「我々は対話に前向きである」とも述べ、ロシアのセルゲイ・ラブロフ外相と数日中に協議する意向も示した。

 NATOのイェンス・ストルテンベルグ事務総長も26日に記者会見し、NATO不拡大を確約しない考えを示した上で、ミサイル配備や軍事演習に関する透明性向上のため、対話の場を設けることをロシアに提案したことを明らかにした。ストルテンベルグ氏は「緊張は高まっている。だからこそ政治的解決に向けた努力の重要性が増している」と強調した。

 一方、インターファクス通信によると、ロシアのアレクサンドル・グルシコ外務次官は26日、米国とNATOからの回答について「我々は目を通し検討する」と述べた。

ウクライナ侵攻、最新ニュースと分析
スクラップは会員限定です

使い方
「国際」の最新記事一覧
2707975 0 国際 2022/01/27 11:51:00 2022/02/21 12:38:58 2022/02/21 12:38:58 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/01/20220127-OYT1I50060-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)