米・NATO 露要求拒否…ウクライナ情勢 不拡大確約巡り

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ワシントン=蒔田一彦、モスクワ=田村雄】米国と北大西洋条約機構(NATO)は26日、ウクライナを含む旧ソ連諸国にNATOを拡大させない確約などを求めるロシアに対し、書面で回答したと発表した。NATO不拡大は拒否し、軍事演習の制限などでは交渉の余地を残した。ブリンケン米国務長官は、セルゲイ・ラブロフ露外相と改めて協議する意向を示した。

抗戦の「象徴」マリウポリ製鉄所の兵士らに退避命令…ウクライナ「生還を優先」

 ロシアは昨年12月、NATO不拡大の確約に加え、露国境周辺での攻撃型兵器の配備や軍事演習の停止などを盛り込んだ「安全の保証」に関する条約案を提示し、米国とNATOに書面での回答を求めた。

 ブリンケン氏は26日の記者会見で、NATO拡大に関して「門戸は開かれたままだ」と述べ、ロシアの要求を拒否。一方、欧州での軍事演習やウクライナへの攻撃用ミサイル配備などについては交渉を進める構えで、ラブロフ氏との協議を近く行いたい考えだ。

 NATOのイェンス・ストルテンベルグ事務総長も、NATO不拡大の確約を拒否する方針を改めて示した。

 一方、ラブロフ氏は27日、「主要な問題で肯定的な回答はなかった」と述べ、不満を示した。タス通信などによると、露大統領報道官は、プーチン大統領が既に書面回答を受け取っていると説明し、「判断は急がないようにする。大統領が適切な立場を決めるには時間が必要だ」と語った。

ウクライナ侵攻、最新ニュースと分析
スクラップは会員限定です

使い方
「国際」の最新記事一覧
2710125 0 国際 2022/01/28 05:00:00 2022/02/21 12:02:44 2022/02/21 12:02:44

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)