韓国チョ・グク元法相の妻、懲役4年が確定…文在寅政権にも打撃か

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ソウル=上杉洋司】韓国の元法相のチョ・グク被告(収賄罪などで公判中)の妻で、娘の不正入学を巡る偽計公務執行妨害などの罪に問われたチョン・ギョンシム被告について、韓国大法院(最高裁)は27日、被告の上告を棄却した。懲役4年とした2審・ソウル高裁判決が確定した。

 判決によると、チョン被告は娘を医学専門大学院に合格させるため、自身が教授を務めていた大学の総長名の表彰状を偽造するなどした。今回の判決は、不正入学の共犯とされているチョ・グク被告の公判にも影響するとみられる。

文在寅・韓国大統領
文在寅・韓国大統領

 チョ・グク被告は 文在寅ムンジェイン 大統領の最側近だったことから、チョン被告の有罪確定は、文政権に打撃になりそうだ。

スクラップは会員限定です

使い方
「国際」の最新記事一覧
2710653 0 国際 2022/01/28 11:09:00 2022/01/28 11:13:21 2022/01/28 11:13:21 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/01/20220128-OYT1I50045-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)