WHO職員、葛西・地域事務局長を告発…「人種差別的な発言」「機密情報を漏えい」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ハノイ=安田信介】世界保健機関(WHO)西太平洋地域事務局(フィリピン・マニラ)の葛西健事務局長が人種差別的な発言や非倫理的な行為を行ったとして、職員らから告発されていたことが分かった。AP通信が27日に報じた。葛西氏は否定している。

北朝鮮で新たに23万人発熱、6人死亡…発熱者は累計171万人超に
WHOのロゴ(ロイター)
WHOのロゴ(ロイター)

 告発では、葛西氏が会議中にフィリピンなどの職員に人種差別的な発言をしたり、新型コロナウイルスワクチンについての機密情報を日本政府に漏らしたりしたなどと指摘されている。

 葛西氏は事務局を通じて出した声明で、「職員に厳しく接してきたのは事実だが、特定の国籍の職員をターゲットにしたことはない。機密情報を漏らしたとの非難にも異議がある」と反論した。

 WHO本部(スイス・ジュネーブ)は告発を把握しており、適切に対応するという。

 葛西氏は旧厚生省出身で、2019年2月から現職。

スクラップは会員限定です

使い方
「国際」の最新記事一覧
2712490 0 国際 2022/01/28 19:11:00 2022/01/28 20:31:51 2022/01/28 20:31:51 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/01/20220128-OYT1I50117-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)