プーチン氏の支持率上昇、非政府系の調査でも69%…ロシアが進む方向「正しい」5割

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【モスクワ=工藤武人】ロシアの独立系世論調査機関レバダ・センターの最新調査で、プーチン大統領の支持率は69%と、昨年12月の前回調査から4ポイント上昇した。不支持率は29%で前回から5ポイント下がった。ウクライナ情勢を巡る米欧との対決姿勢が支持拡大を後押ししている可能性がある。

ウクライナ危機、識者の分析
北京オリンピックの開会式に出席するプーチン大統領(4日)=AP
北京オリンピックの開会式に出席するプーチン大統領(4日)=AP

 支持率は、露軍部隊がウクライナ周辺に集結し、緊張が高まり始めた2021年11月には63%で、その後、上昇が続いている。

 ロシアが進んでいる方向については50%が「正しい」と答え、「間違っている」との回答は39%だった。

 調査は1月下旬から2月初めに行われた。

 レバダ・センターはプーチン政権から米欧のスパイを意味する「外国の代理人」に指定されており、政府系の世論調査機関とは一線を画している。

ウクライナ侵略、最新ニュースと分析
スクラップは会員限定です

使い方
「国際」の最新記事一覧
2747095 0 国際 2022/02/09 18:21:00 2022/02/21 12:43:00 2022/02/21 12:43:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/02/20220209-OYT1I50132-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)