「悪意のある商標出願」中国が五輪関連429件却下…「ビン・ドゥンドゥン」が140件以上

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【北京=田川理恵】中国の国家知的財産権局は14日、北京冬季五輪の公式マスコット「ビン・ドゥンドゥン」など、五輪に関する商標登録申請429件を却下したと発表した。大会組織委員会など関係者の許可を得ていない「悪意のある商標出願」だとして、申請人らを厳しく処分するとしている。

北京冬季五輪の公式マスコット「ビン・ドゥン・ドゥン」=AP
北京冬季五輪の公式マスコット「ビン・ドゥン・ドゥン」=AP

 発表によると、ビン・ドゥンドゥンだけで140件以上の申請があった。フリースタイルスキー女子ビッグエアで金メダルを獲得した 谷愛凌グーアイリン 選手に関する申請も31件に上った。谷選手は米国育ちながら中国国籍を取得した背景もあり、中国での人気が高い。

 昨夏の東京五輪で卓球混合ダブルスを制した日本の伊藤美誠選手や、スケートボードで金メダルを獲得した堀米雄斗選手の氏名でも申請があった。

 中国当局は東京大会の際にも、金メダルを獲得した中国選手らに関する商標登録申請について100件以上を却下した。

スクラップは会員限定です

使い方
「国際」の最新記事一覧
2759092 0 国際 2022/02/14 19:02:00 2022/02/14 20:37:42 2022/02/14 20:37:42 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/02/20220214-OYT1I50079-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)