ロシアは「全面的な戦争の準備整えた」…リトアニア外相、本紙と会見

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

リトアニアのランズベルギス外相(リトアニア外務省提供)
リトアニアのランズベルギス外相(リトアニア外務省提供)

 【ロンドン=池田慶太】バルト3国の一つリトアニアのガブリエリウス・ランズベルギス外相が14日、オンライン形式で読売新聞の単独インタビューに応じた。緊迫するウクライナ情勢を巡り、「ロシアは、第2次世界大戦以来、我々が見たことのない全面的な戦争の準備を整えた」と述べ、侵攻の可能性を警告した。

【随時更新】ロシア軍、ウクライナを侵略…最新ニュース・速報まとめ

 ランズベルギス氏は、北大西洋条約機構(NATO)の加盟国が閣僚級で「かなり頻繁」に情報交換し、露軍が本格的侵攻に必要な部隊や装備をそろえたと分析していることを明らかにした。ただ、NATO各国は「緊張緩和はまだ可能」との感触も共有しているという。

 リトアニアと国境を接するベラルーシには大規模な露軍が展開しているため、「地域の安全保障が損なわれている」と述べ、東欧へのNATO部隊増派が必要だとの認識を示した。

ウクライナ侵略、最新ニュースと分析
スクラップは会員限定です

使い方
「国際」の最新記事一覧
2763308 0 国際 2022/02/16 05:00:00 2022/02/21 12:28:37 2022/02/21 12:28:37 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/02/20220216-OYT1I50066-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)