ウクライナの親露派地域で爆発相次ぐ…ロシアが侵攻への口実作りか

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【リビウ(ウクライナ西部)=笹子美奈子、モスクワ=田村雄】タス通信などによると、ウクライナ東部で政府軍と紛争を続ける親ロシア派武装集団の支配地域で18日夜から19日未明、複数の爆発が発生した。親露派は政府軍側の犯行だと主張している。

経産相「サハリン2の権益守る」、三菱商事にロシア新会社参画を要請
17日、ウクライナ東部ルガンスクで、砲撃を受けたとされる幼稚園(ロイター)
17日、ウクライナ東部ルガンスクで、砲撃を受けたとされる幼稚園(ロイター)

 ウクライナ政府軍は19日、親露派の砲撃で兵士1人が死亡したと発表した。ウクライナ東部での紛争は、ここに来て緊張が急速に高まっている。

 ドネツクでは18日夜、親露派の行政関連の建物近くの駐車場で車1台が爆発した。負傷者はいなかったが、親露派の治安機関幹部の車が狙われたとされている。また、ルガンスクでは19日未明、ガス供給網で少なくとも3度の爆発が発生し、親露派地域のガス企業は「破壊工作だ」と主張した。

 ロシアが「露系住民の保護」を名目に侵攻するシナリオも取りざたされ、一連の爆発は、その口実を作るための動きの可能性もある。

 18日には、親露派幹部がビデオ声明を出し、「政府軍による攻撃開始が近く予想される」との理由で、支配地域の住民を隣接するロシア南部に避難させると発表した。声明は16日に撮影されていたとの情報もある。

 プーチン大統領も18日、露南部に非常事態省トップを向かわせ、避難者への財政支援も指示するなど素早い対応が目立つ。19日には親露派が、政府軍との戦闘に向け「総動員態勢を取る」と発表した。

 一方、ウクライナ外務省は18日の声明で、政府は親露派地域での「破壊活動を行っておらず、計画もしていない」と関与を否定した。「政府が東部で攻撃的な作戦を開始するとの主張は、現実とはかけ離れている」とも強調した。

ウクライナ侵略、最新ニュースと分析
スクラップは会員限定です

使い方
「国際」の最新記事一覧
2775324 0 国際 2022/02/19 22:07:00 2022/02/21 11:20:05 2022/02/21 11:20:05 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/02/20220219-OYT1I50183-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)