2年前は「K防疫」ともてはやされたが…感染急増、文政権に批判[韓国大統領選2022] 

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ソウル=溝田拓士】韓国で3月9日の大統領選を前に、新型コロナウイルスの新規感染者数が10万人を超えた。与野党の候補は、 文在寅ムンジェイン 政権の数少ない実績の一つとされたコロナ対策への批判を強めている。

国内で新たに16万8826人コロナ感染、死者210人…重症者は34人増の637人

 1日当たりの新規感染者発表が初めて10万人を超えた18日、文政権は規制の強化ではなく緩和に動き、午後9時までとしていた飲食店の営業時間を1時間延ばす方針を決めた。自営業者の経済的苦境に配慮した措置だ。ソウルでは中心部の繁華街、 明洞ミョンドン でさえ空き店舗率が5割に達する。

 自営業者らの団体は200人規模の抗議デモを行い、「損失を100%補償せよ」などと政権の営業規制への不満を訴えていた。

 こうした状況を受け、左派系与党「共に民主党」の 李在明イジェミョン 候補(57)はフェイスブックで、「自営業者の苦痛を和らげるには物足りない」と政権批判を書き込んだ。遊説先でも「ワクチンの3回目接種者には午前0時まで営業を認めるべきだ」と持論を展開した。

1

2

新型コロナ・都道府県別感染者数や最新ニュース
スクラップは会員限定です

使い方
「国際」の最新記事一覧
2775698 0 国際 2022/02/20 05:00:00 2022/02/20 09:02:33 2022/02/20 09:02:33 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/02/20220220-OYT1I50003-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)