中国艦艇から豪軍機へのレーザー照射、中国外務省「事実ではない」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【北京=田川理恵】中国外務省の 汪文斌ワンウェンビン 副報道局長は21日の定例記者会見で、オーストラリア政府が、豪軍の哨戒機が中国軍の艦艇からレーザーを照射されたと発表したことについて、「事実ではない」と否定した。

北京の天安門広場
北京の天安門広場

 中国国防部も21日、ウェブサイトで「中国の艦艇は国際法と慣行に従い、終始安全な操作に努めた」と述べた。哨戒機が4キロ・メートルまで接近したなどと主張し、「挑発的な行為は誤解を招きやすく、双方の安全を脅かす」と批判した。

 豪国防省によると、哨戒機は17日、インドネシア東部と豪州北部の間の海上でレーザー照射を受けた。

スクラップは会員限定です

使い方
「国際」の最新記事一覧
2780276 0 国際 2022/02/21 19:21:00 2022/02/22 07:10:52 2022/02/22 07:10:52 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/02/20220221-OYT1I50127-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)