ロシアの複数銀行を国際決済網「SWIFT」から排除…米英EUなど対露制裁を発動へ

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ブリュッセル=畠山朋子】ロシアのウクライナ侵攻を受け、米国と欧州連合(EU)、英国などは26日、共同声明を発表し、ロシアの複数の銀行を国際銀行間通信協会(SWIFT、本部・ベルギー)から排除する方針を示した。数日中に発動する。

ロシア軍、クリミアから戦闘機24機など撤収…軍用飛行場の爆発受け
SWIFTのロゴ(ロイター)
SWIFTのロゴ(ロイター)

 SWIFTは、約200か国・地域の1万社超の金融機関に国際送金のネットワークを提供しており、排除によって、ロシアは輸出している原油や天然ガスの代金の回収など、他国との決済が難しくなる。共同声明では、「ロシアに責任を負わせ、この戦争は、プーチン露大統領にとって戦略的失敗であることを団結して証明する」と強調した。共同声明には、ドイツ、フランス、イタリア、カナダも賛同している。

 ロシアのSWIFTからの排除を巡っては、天然ガス輸入などロシアとの貿易関係の深い欧州が、慎重姿勢を示していた。

ウクライナ侵略、最新ニュースと分析
スクラップは会員限定です

使い方
「国際」の最新記事一覧
2794036 0 国際 2022/02/27 07:41:00 2022/02/27 12:15:13 2022/02/27 12:15:13 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/02/20220227-OYT1I50040-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)